FC2ブログ
監禁画廊お薦め
電子コミック

人妻牝奴隷 絶体隷奴 718_社長令嬢・被虐のバカンス_00ss 704_柘榴3_00ss SLAVE GIRLS 501_生贄の母_0000ss デキる女上司 487_ゆりかご売りの妻_00s 奴隷夫人アーカイブ 406_人妻尻奴隷・初美 肛虐露出商店街 前編_00ss 飼い主様になってよネッ! 壊して下さい 性奴隷窟淫龍 秘密の基地でXXX


♥♥♥ お薦め電子コミック ♥♥♥
寝取られ猥婦 真性マゾ姉妹調教 中出し学園調教科 白昼夢
♥♥♥ お薦め異世界ファンタジー ♥♥♥
10365_エルフ凌辱記_00ss 1024_囚われ姫_00ss
♥♥♥ お薦めマニアAV ♥♥♥
BDSM JAPAN 真性マゾ覚醒ドキュメント わたしは虐げられたい性癖の女です A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ
SM ランキング - FC2ブログランキング 中枢刺激ランキング SM・縛り - 動画・画像 - アダルトブログランキング
■ BDSM Antena Site
SMサイトあんてな SM総合情報サイト SMFOCUS kankingaro_200X40.jpg
■ お勧め🎵海外BDSMサイト
865_hotbranding_00ss.jpg 864_Paired_00ss.jpg


Forced prostitution

「今夜はこのセックス奴隷を買って頂きありがとうございます。ご命令頂ければ何でもしますが、至らぬところがありましたら存分にお仕置きください。恋人とのセックスのように優しさや愛情など必要ありません。ご自由に、本能の赴くままにこの淫乱な身体を貶めてください。SMプレイを希望されるのであれば、枷や鞭など備えてありますので、ご自由にお使い頂けます。」

882_forced_prostitution.jpg

女は、監禁され売春を強要されてから、何百回と繰り返してきたセックス奴隷の挨拶を口にした。

「ふん、言われなくてもタップリと痛めつけてやる。 白人の小娘を虐めるが俺の生きがいだからな。それにしても馴染みの俺にはもっと気の利いた挨拶はできないのか?え?」

「申し訳ありません、ホイ様・・・・」

「いいさ、低脳な白人の淫売には所詮無理だろう? それより早速、口マンコでご奉仕してもらおうか。」

「お前のために、クソの後にケツを拭かず来てやったからな。どうだ、うれしいだろう?」

「はい、ありがとうごうざいます。アナルにもご奉仕させて頂きます。」

「いいだろう。まずはチンポだ。」

男は女の前にいきり立った肉棒を突き出した。

「ホイ様のおチンチンは大きくて、とっても良い匂いがします。」

女は、男の肉棒のむれた匂いを嗅いでから、愛おしそうに口に含んだ。
そう、生きるために。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

食い物にされる奴隷ソープ嬢

「とうはたっとるが、これから旧正月で中国人客も来るやろ。うちで預かってもええで。」

「さすが支配人、ホント助かりますわ。よかったな、奥さん。」

「・・・・」

「奥さん、支配人さんにちゃんとお礼言わんといかんやろ?」

「・・・・」

「もう風俗で稼ぐしかないやろ?それとも借りたカネを返さん気なんか?」

「・・・・うっ・・・・うぅっ・・・・ありがとうございます。」

794_forced_prostitution.jpg

「ソープ嬢は客商売なんだから、めそめそしないで愛想よくせんといかんよ、奥さん!」

「はい、ごめんなさい。」

「奥さん、支配人にもう一つお願いすることがあるじゃろ。」

「はい・・・・あの・・・・前借りを・・・・お願いしたいのですが。」

「実はこの女、うちへの借金の金利20万円焦がしてまして、そいで、こちらさんで立て替えてくれまへんかちゅう、お願いでんねん。」

「20万のバンスでええんか?そやけどソープは仕込まな務まらへん。今夜は家にかえられへんけど、それでええな?」

「奥さん、どうするんや?この機会を逃したら、借金増える一方やど。」

「はい、分かりました。お願いします。」

『SMクラブの便所奴隷女 番外編』Vol.1 新人中古便器


監禁画廊店長さん、お久しぶり。元気ですか?
店に新しい便女候補が入店したんで、紹介するね。
新しい便女といっても、使い古しの中古便器だけどね。(笑)
オーバー40のババーだけど、オッパイどうよ?
四十過ぎて始めてた浮気でSMデビューして、どっぷりはまって、
大企業の管理職の旦那と高校生と小〇生の息子二人を捨てて、
浮気相手と東京に逃げて来たんだと。

766_kachikubuta_bangai01.jpg


腹のたるみは醜い婆の体だよな。
でも、便女にはこれくらいの婆の方がいいね。
客もヘンに遠慮しないし、他に勤め先なんてないからね。
この便女の飼主からも厳しく躾けてくれって言われてるから、
体罰当たり前で、遠慮なく最下層の家畜奴隷に堕とすよ。
待ってなよ。


766_kachikubuta_bangai02.jpg

休息は僅か6時間のみ

731_forcedblowjob_01 (1)

1840年ごろからでしょうか、綿花や砂糖きびを生産するプランテーションでは慢性的に労働力が不足しておりまして、奴隷の取引価格は年々上昇していきました。
ここニューオリンズにも、南部の奴隷貿易の拠点として、好景気に沸いおり、港に近い一角には、船乗りや奴隷商人らが刹那的な悦びを求めてやってくる娼館が立ち並んでおりました。
しかし、貧困層の肉体労働者や港湾労働者には、娼館は別格としても、街頭の娼婦を買えるお金もありません。
歴史の記録は残っていませんが、そういった貧しい男達が性欲を満たすための口便器専用の尺八奴隷が存在していたのです。

船着場に隣接した安酒屋の裏に、レンガ造りの部屋がいくつか並んでいます。
当時の公衆便所も似たような造りですが、便器の代わりに、女奴隷が鉄枷と鎖で繋がれております。アフリカ西海岸から奴隷船で連れられてきた女奴隷達は、逃げないように首枷、手枷、足枷と鎖で繋がれ、客のチンポを歯で傷つけたり、舌を噛み切って自殺しないように、開口具を装着されて、来る日も来る日もイラマチオをさせられています。
一人当たりほんの15分程度のイラマチオですが、港の仕事が終わる時間や夜は順番待ちの行列がてきるほどの人気です。
肉体労働者に髪の毛をつかまれ、咽が裂けるほど乱暴にイラマチオをされて、大量のザーメンを飲まされます。
昼から翌日の朝まで1日16時間、鎖に繋がれたままで、休息は僅か6時間のみです。
もともと農場での過酷な使役に耐えられない身体の弱い女奴隷が選ばれていることもありますが、汚いちんぽで咽を犯されつづけ、2、3ヶ月で病死する者もいる過酷な使役だったのです。

731_forcedblowjob_01 (2)

そんな口便器専用の尺八奴隷の中に、肌の白い美しい娘がいたということです。
その娘の母は白人と黒人の混血奴隷で、娘の父親はイギリスから来た移民という噂で、4分の3は白人の血を引く娘の肌は白く輝き、貴婦人と見まがうほどの美しさだったいうことです。
その娘は白人として育てられましたが、父親が亡くなると状況は一変しました。
当時の法律では肌が白かろうが、美しかろうが奴隷から生まれた者は奴隷です。
娘は父親の遺産を相続することもできず、奴隷として売られてしまいました。
娘は裕福なプランテーション主に性奴隷として囲われましたが、やがて飽きられ尺八奴隷として売られてしまいました。
鎖に繋がれ、来る日も来る日も見知らぬ男のチンポをしゃぶり続ける毎日です。
その娘がその後どうなかは分かっていません。

淫売は死なず、ただ消え去るのみ



「ねぇ、伊達な社長さん、遊んでっておくれよ。たっぷりサービスするからさー、ねぇー。」

「せっかくだがな。ババーを抱くんなら、カカーでがまんするさ。せっかく淫売窟に来たんだ。ましな女を抱くさ。」

「ねぇ、お待ちよ。 あたいのテクニックは、そんじょそこらじゃ味わえはないんだよ。」

「またな。」

「どいつもこいつも女を見る目がないったらありゃしない。」

078_forcedprostitution_03.jpg

「あら、サンドラじゃない。こんな時間にどうしたのよ?」

「あっ、ジュリアン? ジュリアン、元気? わたしね、淫売窟から出られるのよ。実業家の旦那様に身請けされたの。淫売女ではなく、もう自由なのよ、素敵でしょ。」

「サンドラ、良かったじゃない。お祝いを言うわ。ねえ、旦那様はどんな方なの?」

「そうねぇ、とっても誠実で皆に優しい方よ。」

「ねえ、サンドラ、あたし、稼ぎが足りなくてここから追い出されそうなの。あなたの旦那様に頼んでもらえないかしら。お願い、助けて。」

「申し上げてはみるけど・・・・期待しないでね。あっ、もう行かなくっちゃ。商売の邪魔をしてご免なさい。身体を労わってがんばってね。」

078_forcedprostitution_04.jpg

「サンドラ、お願いよ。ねぇ、サンドラ、旦那様に頼んでみて。一生恩に着るから・・・・」

「ご免ね、さようなら。」

「サンドラ、サンドラ! サンドラ! アレキサンドラーッ!!」

078_forcedprostitution_05.jpg

「ねぇ、旦那さん。遊んでいっておくれよ。絶対に損はさせないよ。」

「悪いな、姉さん。馴染みの女がいるんでね。」

「そんなこと言わないでさ、ジュリアン姉さんのフェラチオを一度味わえば病みつきだからさ。ねぇ。」

「悪いな。」

078_forcedprostitution_06.jpg

「ねぇ、いかした兄さん、あたしを買ってよっ!」

「ちっ、しなびたババーの淫売がっ。運勢が下がるぜっ。」

078_forcedprostitution_07.jpg

「ジュリアン引越しだ。支度しろ。」

「あたしがどれだけ稼いできたと思っているだよ。もう少し待っておくれよ。」

「ダメだ。ボスの決定だ。行くぞ!」

「何処に行くのさ? あたしを処分するのかい?」

「長い仲だから教えてやるがな。ここより稼げる所だ。生きていればだがな。」

「どこだい? 覚悟はできているんだ。はっきり教えておくれよ。」

「売れなくなった淫売の行き先は、拷問クラブというのが決まりだ。拷問好きの紳士淑女を身を呈して喜ばせるのがお前の役目だ。ギャラはなかなかだ。もしかしたら借金を返済できるかもな。生きていればだがな。」

078_forcedprostitution_08.jpg

「あたし、痛いのは苦手なんだよ。」

「辛抱するんだな。生きていればきっといい目も見れるだろうさ。多分な。」

「そうかねえ。」