FC2ブログ
監禁画廊お薦め
電子コミック


1055_スクラップ女に希望はあるか?_001
人妻牝奴隷
絶体隷奴
718_社長令嬢・被虐のバカンス_00ss
704_柘榴3_00ss
SLAVE GIRLS
501_生贄の母_0000ss
デキる女上司
487_ゆりかご売りの妻_00s
奴隷夫人アーカイブ
406_人妻尻奴隷・初美 肛虐露出商店街 前編_00ss
飼い主様になってよネッ!
壊して下さい
性奴隷窟淫龍
秘密の基地でXXX


♥♥♥ お薦め同人コミック ♥♥♥
1066_大女優の崩壊 奈落の底に落ちた玲華_00ss 1065_強制女装★美娼年拘束達磨アクメ地獄逝キ_00ss 1059_強制女装美娼年拘束達磨アクメ地獄逝キ第3話_00ss
♥♥♥ お薦め電子コミック ♥♥♥
家畜乃団欒 寝取られ猥婦 真性マゾ姉妹調教 中出し学園調教科 白昼夢
♥♥♥ お薦め異世界ファンタジー ♥♥♥
1071_勇者路上投獄 ~拘虐の公開穴検査~_00ss 1051_姫とオークの姦淫奴隷_00ss 10365_エルフ凌辱記_00ss 1024_囚われ姫_00ss
♥♥♥ お薦めマニアAV ♥♥♥
BDSM JAPAN 真性マゾ覚醒ドキュメント わたしは虐げられたい性癖の女です A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ
SM ランキング - FC2ブログランキング 中枢刺激ランキング SM・縛り - 動画・画像 - アダルトブログランキング
■ BDSM Antena Site
SMサイトあんてな SM総合情報サイト SMFOCUS kankingaro_200X40.jpg
■ お勧め🎵海外BDSMサイト
865_hotbranding_00ss.jpg 864_Paired_00ss.jpg


奴隷狩り


「皆支度しろ! ぐずぐずするなよ! 村の男どもが戻って来る前に撤収だ!」

「奴隷女は鎖で馬車に繋げ!」


1052_ebonyslave_001.jpg

「おら! 立て! 」

「黒●ぼ、今夜はたっぷり泣かせてやるぜ。つて、言葉が通じねえか。」

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

オナホールメイド

764_ebonygirl_005.jpg

「もういい。物置部屋へ戻れ」

「あの、お掃除フェラします」

「おい、おまえは人の話を聞いてないのか? いいから出て行け」

「申し訳ありません、ご主人様。お休みなさいませ」

「それから6時に水を持ってきてくれ。いいな?」

「はい、ご主人様」

「顔は洗うなよ。そのままだ。いいな?」

「はい、ご主人様」

「行け」

「お休みなさいませ、ご主人様」

現地妻(ケッコンカッコカリ)

763_ebonygirl_93改

ご主人さまぁ♥ あたし準備OKよ。

セックスする?

フェラがいい?

アナルでもいいよ

早くご主人さまの肉棒ぶちこんでほしいのよ♥


顧客満足度4年連続1位のチンポケースサービス

672_ebonyslave.jpg

これは、客様専属のオナホール兼奴隷です。
滞在中はご自由にお使いください。
性行為の道具として、または椅子、フットスツールや抱き枕といった人間家具としてもご利用できます。
召使いまたは奴隷としてご使用になる場合は、お手数ですが、拘束を解いてからご命令ください。

資源国の石油化学プラントの入札にて

072_Ebony_Slave_72a.jpg

「まさか君がバルコム社のスパイだったとは正直驚いたよ。飼い犬に手を噛まれると正しくこのことだな。信頼していたのに残念だ。」

「ボス、これは何かの間違いです。私には何のことか分かりません」

「ライバル社に当社の応札情報がどこまで情報が洩れているか聞きたいのだが、素直に話してくれる気はないだろうね」

「本当に何も知らないんです。信じてください」

「まあ、いい。当社が契約している興信所に尋問のプロがいるそうだ。直ぐに真実は明らかになるだろう。」

「そんな・・・・」

「君のような有能な秘書を失うことは痛手だが、お別れの尋問レ●プには喜んで参加させてもらうよ」

性奴隷を如何に鍛錬すべきか

099_Ebony_Slave_71.jpg

俺が許可するまで、その場で腰をグラインドさせていろ。

夕食が済んだら、調教をつけてやる。

もし、口のディルドを落としたら、胸にブルウィップ10発だ。

もし、マンコのディルドを落としたら、股間にブルウィップ10発だ。

両方とも落としたら・・・・

死ぬほど後悔することになるだろう。

みんなハッピー

115_Ebony_Sluts.jpg

「ゴンドウ様、アシスタント候補を4名ご用意しました。レジュメもご用意しておりますが、4名とも本邦女子教育の最高峰、王立女子大学で日本語を学んだ才色兼備の美女ぞろいでございますよ。」

「それは楽しみだ。早速候補者に会えるかね?」

「ゴンドウ様、4人ともホテル別部屋に待機してごぜいますよ、私が呼んで来るございます。一人づつインタビューしなさいますか?」

「時間がもったいないな。俺が行ってみんなとまとめて会おう。」

マルコムの案内で、俺がそのホテルの部屋に入ると、4人の若い女は慌ててソファーから立ち上がり、一番でかい女が流暢な日本語で俺に挨拶した。

「こんにちは、ゴンドウ様、私の名前はナターシャです。よろしくお願い致します。」

「挨拶は後だ。」

俺は、そう言うと日本語でゆっくりと話し始めた。

「俺はお前ら4人とも秘書として雇うつもりだ。給料は新入社員の2倍だそう。努力と能力次第では更に昇給、昇進の機会も与えよう。但し条件がある。ナターシャ、お前はスケジュール管理ができるか?」

「もちろんです。日本のゼネコンの役員秘書を3年間しました。」

「それはいい。ナターシャ、お前が主任秘書だ。」

「はい、ありがとうございます。ゴンドウ様。」

「おいしいコーヒーを入れられるな?」

「はい、ゴンドウ様。」

「俺のセクハラに感謝しろ」

「はい、ゴンドウ様。」

「よろしい。業務はマルコムから教えてもらうように。」

「次は、左のお前だ。秘書の経験はあるのか?」

「昨年7月に大学卒業したけど、不景気で仕事なくて、就職してないね。」

「お前は見習いだ。就業時間中は社長室の俺の机の下に入って、ペニスをしゃぶってろ。それがいやなら無職を続けろ。どうする?やるか?」

「はい、やります。私、やります。だから雇ってください。」

「いいだろう。」

「黒い服と白い服のお前らは、当面は会社に出勤する必要はない。交代で俺のレジデンスに通って、家事と業務を手伝え。いいな?」

「はい、ゴンドウ様。」

「それでは、みんな採用だ。マルコム、入社手続きを頼む。初任給は給与規程の3倍だ。ナターシャには主任手当もつけてやれ。」

「承知しました。」

「みんな、満足だな。それでは、これから俺がかわいがるオッパイを見せてみろ。」