FC2ブログ
監禁画廊お薦め
電子コミック


1055_スクラップ女に希望はあるか?_001
人妻牝奴隷
絶体隷奴
718_社長令嬢・被虐のバカンス_00ss
704_柘榴3_00ss
SLAVE GIRLS
501_生贄の母_0000ss
デキる女上司
487_ゆりかご売りの妻_00s
奴隷夫人アーカイブ
406_人妻尻奴隷・初美 肛虐露出商店街 前編_00ss
飼い主様になってよネッ!
壊して下さい
性奴隷窟淫龍
秘密の基地でXXX


♥♥♥ お薦め同人コミック ♥♥♥
1066_大女優の崩壊 奈落の底に落ちた玲華_00ss 1065_強制女装★美娼年拘束達磨アクメ地獄逝キ_00ss 1059_強制女装美娼年拘束達磨アクメ地獄逝キ第3話_00ss
♥♥♥ お薦め電子コミック ♥♥♥
家畜乃団欒 寝取られ猥婦 真性マゾ姉妹調教 中出し学園調教科 白昼夢
♥♥♥ お薦め異世界ファンタジー ♥♥♥
1071_勇者路上投獄 ~拘虐の公開穴検査~_00ss 1051_姫とオークの姦淫奴隷_00ss 10365_エルフ凌辱記_00ss 1024_囚われ姫_00ss
♥♥♥ お薦めマニアAV ♥♥♥
BDSM JAPAN 真性マゾ覚醒ドキュメント わたしは虐げられたい性癖の女です A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ A凌辱の殿堂、ATTACKERSへようこそ
SM ランキング - FC2ブログランキング 中枢刺激ランキング SM・縛り - 動画・画像 - アダルトブログランキング
■ BDSM Antena Site
SMサイトあんてな SM総合情報サイト SMFOCUS kankingaro_200X40.jpg
■ お勧め🎵海外BDSMサイト
865_hotbranding_00ss.jpg 864_Paired_00ss.jpg


奴隷に忍耐力は必須ですよね?

1043_檻監禁A

聞こえていますね?

さあ、これから放置プレイの始まりです。

今あなたは、コンクリート覆われた独房に一人です。

周りには誰もいませんし、どんなに大声を上げても誰も助けになんか来ません。

拘束具を外そうと試してみるのは自由です。

上手くすれば、拘束具だけでなく、その檻も壊せるかもしれませんが、それは、お勧めしません。

言ってなかったですが、その檻の振動センサーが作動するとケージに高圧電流が流れますからね。

少しでも暴れれば、それは、それは、凄い電気ショックですよ。

さあ、忍耐力特訓の始まりです。

頑張ってください。

忍耐力は奴隷に必須の資質ですからね。

そうだ。電気ショックは一度体験して置いた方がよいでしょう。

僕が、モニターを見たときに眠っているようだったら、電気で起こして差し上げますよ。

僕の話は以上です。それじゃあ、頑張ってください。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

ご主人様はお出かけになる前に家畜のお世話を欠かしません。

1042_檻監禁

朝の天気予報によると今日は暑くなるってよ。
多めに出しといたから、こまめに水分補給しろ。

お前、かなり臭いぞ。
帰ったら庭で洗ってやるから楽しみにしていろ。

戻りは8時だ。
じゃあ、行ってくる。

檻の中の鼻輪奴隷

1011_slavegirlincage_0054.jpg

「奴隷、今日は調教は中止だ。」

(ええっ? そうなんですか?)


「俺は出かけるが、水とエサは置いてあるから自由に食べろ」

(口枷を取ってくれないと食べられません)


「退屈しないように俺の好きなDVDをオートリピートしておいてやるからな」

(もうダンボは許してください、ご主人様)


「特別にオナニーを許可してやる。3回までイっていいぞ」

(うれしいですけど、手枷を外してくれないとオナニーできないですよ、ご主人様)


「戻りは夜だ。今日はまったりくつろいでろ」

(まったりできるわけないじゃないですか? そ、それに排せつ用の洗面器をください)


「楽しそうだな? それじゃあ行ってくるよ」

(ま、待ってください、ご主人様、も、漏れちゃいます)

普通と少しだけ違う、私の現実。

1008_cage_0099.jpg

動物にみたいに檻に入れられ、知らない人に貸し出されて行く。

それは、わたしが望んだ現実。

普通と少しだけ違う、私の現実。

鳥かごの中のサラ

日付も替わり、2日目の調教が終わろうとしていた。
椅子に座る調教師の前で正座して調教師の話を聞いているサラだったが、長時間の厳しい調教により、サラの意識は疲労とストレスで混濁し、調教師の言葉はサラの頭の中にほとんど入ってきていなかった。
意識を飛ばしたサラの上半身が大きく揺れ、その度に蛇のような鞭がサラの身体に巻き付き、サラに悲鳴を上げさせていた。

やがて調教師の話も終わり、サラは寝床として与えられた、あの狭い檻の中だか、これでやっと眠ることができると安堵した。

だが…
調教師がサラに与えた檻は、昨夜の檻よりもずっと小さな『檻』だった。

それは、檻と言うより、鉄格子でできた仮面と表現した方がより正確だろうか。
調教師のより、鉄の頑丈な首輪がサラの首にかけらえると、鳥かごのような小さな檻がサラの顔を取り囲んでいた。
その「鳥かご」は、サラがひざまずいた高さで天井から鎖で吊られ、サラが体を横たえることを阻害する。

サラの目の前には、柱に取り付けられたディルドがあり、どうしていいか分からないサラが調教師を見上げると、容赦のない鞭の打撃が加えらた。

2日間の調教ですっかり奴隷根性が染み付いてしまっているサラは、反射的にディルドを喉まで咥え込んだいた。

984_フェラ_01

調教師は、ディルドを一生懸命しゃぶっているサラを見て、鞭をふるう手を止め、一晩中ディルドを咥えたままフェラチオ奉仕の練習を続けるようサラに命令してから、調教部屋から出て行った。

犬檻の中で毛布にくるまって眠れると思っていたサラだったが、鳥かごのに囚われ、一晩中のフェラチオの練習をしなければならないことに絶望した。
ディルドに快楽を与えるかのようにフェラチオを続けるサラだったが、何度目の気絶の後でディルドを口から放し、不自由な体を動かし、眠るための楽な姿勢を探した。

「ディルドから口を離すなと命令したはずだが、命令に背くとはいい度胸だ。」

突然スピーカーから調教師の声が流れた。

「ディルドを咥えろ。舌を使って奉仕しろ。カメラがお前を監視している。今度命令に背いたら、明日はお前の人生最悪の日だ」

慌てて、サラはディルドを咥え、顔を前後に動かして教えられたばかりのテクニックを披露した。

984_フェラ_02

意識が半分飛びながらも、ディルドを喉まで咥え込み、無意識にフェラチオを続けるサラ。

984_フェラ_03

サラの長い夜はまだ始まったばかりだ。

984_フェラ_04

お休みなさいませ、ご主人様

975_檻監禁_69

今日も一日この豚を使役し、躾けて下さり、有難うございました。

お休みなさいませ、ご主人様。

動物用の檻の中で四つん這いの姿勢のまま放置

922_cage.jpg

腰と肩が痛み、手首に巻かれた革の枷を外そうとしましたが、手首に着けられた皮製の拘束具は頑丈でどうしても外すことがでません。足を伸ばそうとしましたが、首に巻かれた皮の首輪が鎖で檻の天井に連結されていて、足を伸ばそうとすると首輪が首に食い込んで痛みます。わたしは、もう2、3時間もの間、動物用の檻の中で四つん這いの姿勢のまま放置されていました。わたしは、ルームメイトだったジャネットが悪い男の罠にはまって、四肢を拘束されて救いの無い状態で沢山の男にめちゃめちゃくちゃに犯されたいと言っていたのを思い出していました。

やがて、わたしが監禁されている檻が置かれた部屋に誰かが入ってくる音がしました。わたしを騙して監禁したトムと名乗ったあの男が戻ってきたのだと思っていましたが、檻の前に現れたのは、見ず知らずの若い男でした。男は何も言わずにジーンズと下着を脱ぐと、コックをしゃぶるように命令しました。その男のコックはすでにはちきれんばかりにそそり立っていました。わたしが何も言わずに俯いていると、わき腹に何か棒の様なものが当たり、突然激しい電気ショックを受けました。男が手に持っている棒は家畜に電気ショックを与えるための棒でした。わたしはこのとき初めて自分の置かれた危険な状態に気がつきました。そのときまでは、これは変態プレイの一種で、プレイが終元通り自由になると思っていたのです。わたしの動揺などまったく気にも留めない様子で、男は再びコックをしゃぶるように命令しました。わたしは命令に従ってコックを口に含みました。男の汗臭いすえた臭いと塩辛いコックを口に口含んでしゃぶって吐き気がしましたが、私は電気棒が怖くて奉仕を続ける他ありませんでした。

コックをしゃぶり始めてから5分くらいで、トムと名乗った男と見ず知らずの2人の男がやって来ました。檻から出され、合成麻薬らしい錠剤とミネラルウォーターを無理やり飲まされて、4人の男達から替わる替わる、夜明けまでセックスドールのように犯され続けました。腰が抜け意識が朦朧としているわたしを男達は車に乗せて捨てていったのでしょう。意識を取り戻したとき、わたしは海沿いにある静かな通り沿いの草むらの中に倒れていました。このことは誰にも話していませんし、トムの出会ったあのダウンタウンのスタンドバーへ行くこともありませんが、あの時のあのまま監禁され続けられたらと想像すると、子宮がキュンとします。

檻の中

871_檻の中_009

「あなた、名前は何て言うの?」

「わたしは奴隷のみゆき。 ねえ、寒いでしょう? こっちへいらっしゃい」

「縄は解いてあげられないけど、一緒に寝れば温かいのよ」

「ねえ、寒いでしょう? 一緒に毛布にくるまってお話ししましょうよ」

奴隷堕ち 芳子の場合

芳子は自分自身をモノのように売った女だ。

芳子にはもとものアブノーマルな性癖があり、いたってノーマルな夫とのセックスでは決して満たされることがなかった。
やがて、SM系出会いサイトで知り合った男達と関係をもつようになり、自分の支配者になる田代と出会ったのだ。
田代のSMプレイには妥協がなく、田代は、芳子にマゾ奴隷として絶対服従を求めた。
芳子は厳しい調教に涙しつつも、田代との関係を止めることができず、マゾとしての素質を開花させていったのだ。

やがて、田代との関係を、夫が知るところとなった。
夫婦は協議の上、離婚を前提として別居することとし、芳子は家を出たのである。
芳子は、都内にワンルームマンションを借りて新居としたが、就職も決まらず、やがて2百万あまりの預金も消えかけたとき、芳子は、迷った末に夫との別居以来会っていなかった田代に相談する決心をしたのだ。

そのときの田代が芳子に出した提案はまったく意外なものだった。
「お前を500万円で買ってやろう。お前は人間としての一切の権利を放棄して家畜以下のマゾ奴隷になるのだ。」
その場で奴隷契約書にサインした芳子は、今では、こうして田代が経営するSMクラブの特別会員専用の監禁部屋で飼育されている。
そこではNGプレイは一切なく、これからアナル拡張、ボディピアス、刺青という肉体改造すら受けることになるのだが、みずから肉奴隷に堕ちた芳子には全てを受け入れる他ない。

808_slave_japwhore.jpg

ホームパーティーには檻フェラ口マンコは必須ではないかと

◆ パーティーの用意はもういいわ。おまえは檻に入りなさい。
785_caged_009.jpg


◆ 愚図、早くおし。
785_caged_011.jpg


◆ 誰でもお客様がチンポを出したら即フェラだよ。
おまえは人間じゃない。
お客様のオナホールなんだ。
オナホールは嫌だとか痛いとか言わないからね。
勘違いするんじゃないよ。
できないのならカンディルのいる水槽に沈めるから。
まあ、それも面白そうだけど。

785_caged_015.jpg

【動画】性奴隷の檻



マスターは彼のセックススレイブの誕生日に奴隷用の檻をプレゼントした。

セックススレイブはマスターからの思いがけないプレゼントに喜んだが、

これから1日の大半を過ごすことになるその檻が、彼女をどれほど苦しめる

ものなのか、まだ気づいていない。

可哀想だが、所詮はセックススレイブなのだから気にする必要はない。

マゾ奴隷のあなたの幸運度を測れる簡単な心理テスト

マゾ奴隷のあなたの幸運度を測れる簡単な心理テストです。
まずは下の写真を見てください。
奴隷用の檻A、B、Cがあります。
この中からどれか一つに入らないといけないとすると、あなたはどの檻を選びますか?
直観でお答えください。


491_水責め_01


さて、答え合わせです。

【Aを選んだあなた】
幸運度:55%
 ・重い鎖付の重い鉄首輪を嵌めて貰えます
 ・固い岩の上に座って一晩過ごせます
 ・狭い檻で膝を抱えて身動きできずに眠れます
 ・運がよければ、檻の天井の穴から お し っ こ を貰えます
491_水責め_02
491_水責め_03


【Bを選んだあなた】
幸運度:70%
 ・一晩四つん這いの姿勢で過ごします
 ・夜空の星を眺めることができます
 ・たくさんビンタしてもらえます
 ・運がよければフェラチオ奉仕させて貰えます
491_水責め_04
491_水責め_05


【Cを選んだあなた】
幸運度:85%
 ・一晩中立ったまま過ごせます
 ・あなたの身長にもよりますが、つま先立ちか腰や膝を曲げた体勢になります
 ・眠ってしまうと頸部に負担がかかります
 ・靴底を舐められたり、頭から お し っ こ をかけて貰える場合もあります
 ・野犬に噛まれる場合があります
491_水責め_06
491_水責め_07

完全防音の調教部屋にて

DTIブログ時代の記事の転載だよ。

456_檻フェラ_031

まったく、良い拾い物をした。
立ち上がる事も足を伸ばして横になる事もできない
小さな檻の中に6時間以上閉じ込めていたにも関わらず、
差し出したチンポを嬉しそうに咥えるのには驚かされたが。
どこまでが本気で、どこからが演技なのだろうか?

いずれにしろ完全防音の調教部屋の中で泣き叫び、
やがて崩れてしまうだろう。
この娘は、この部屋にある拷問器具に気が付いていないのだろうか?
そろそろ、欲望の赴くままに調教を始めるとしよう。
檻の中の獲物に俺の本性を隠す必要はないのだから。

命令すると、女はふらふらと立ち上がり、牢から出てきた。

418牢監禁_003a

「出ろ」

命令すると、女はふらふらと立ち上がり、牢から出てきた。

「腹は減っているか?」と女に手錠かけながら聞いた。

「はい、ペコペコです」

それはそうだろう。餌をやったのは昨日の夜で、もう時計は昼の12時を回っていた。

「食べ物が欲しかったら、やるべきことをやらないとな。そこに正座しろ」

教えた通りに股を開いて跪いた女の二本の脚の真ん中で無毛の肉の裂け割れ目がパックリと口を開いていた。俺はベルトを外し、ズボンとパンツを一気にずり下し、女の目の前に肉棒を突き付けた。

もう女に躊躇はなかった。肉棒を口に含むと、舌で亀頭を舐め回し始めていた。女の口の中で肉棒がムクムクと固くなっていく。

女にフェラチオさせながら、足の指でマンコを弄ってやると、膣口が直ぐにヌルヌルと滑ってきた。マンコ汁をまぶした親指を膣に挿入してやると、女の呼吸が荒くなっていく。適当なところで足マンを止め、女の口から肉棒を引き抜いてやると、そこには落胆した女の顔があった。続きは昼飯の後のお楽しみだ。時間は腐るほどあるのだから。

海岸で檻に拘束された美女

397_檻拘束_01

「自分で動けるかい?」

「無理そうです。ケージが重くて立ち上がれないんです」

「そうかい? でもね、いつまでもそこにいると死ぬよ。これから潮が満ちてくるし、台風が接近しているからね」

「お願いです、助けてください。何でもしますから」

「それは出来ないね。自分で何とかしな。台風が通り過ぎたら見に来てあげるよ」

「ああっ、ま、待って!」