FC2ブログ
監禁画廊お薦め
電子コミック

人妻牝奴隷 絶体隷奴 718_社長令嬢・被虐のバカンス_00ss 704_柘榴3_00ss SLAVE GIRLS 501_生贄の母_0000ss デキる女上司 487_ゆりかご売りの妻_00s 奴隷夫人アーカイブ 406_人妻尻奴隷・初美 肛虐露出商店街 前編_00ss 飼い主様になってよネッ! 壊して下さい 性奴隷窟淫龍 秘密の基地でXXX


♥♥♥ 薦め電子コミック ♥♥♥
小川家の母娘 824_聖マルガレタ学園総天然色VOL22_00ss 816_聖マルガレタ学園総天然色VOL23P-PLUS入園案内付き_00ss NON VIRGIN 性処理家族 義母と姉は肉奴隷
♥♥♥ お薦めマニアAV ♥♥♥
932_家畜奴隷鉄枷拘束ss Anal Device Bondage II 鉄拘束アナル拷問 黒木いくみ SOUL DESTROYER 炎上昇天装置 碧しの アイアンクリムゾンベスト Anal Device Bondage 鉄拘束アナル拷問 みづなれい Anal Device Bondage いいなりドM調教 玩具にされた美尻女子校生 早川沙梨
SM ランキング - FC2ブログランキング 中枢刺激ランキング SM・縛り - 動画・画像 - アダルトブログランキング
■ BDSM Antena Site
SMサイトあんてな SM総合情報サイト SMFOCUS kankingaro_200X40.jpg
■ お勧め🎵海外BDSMサイト
865_hotbranding_00ss.jpg 864_Paired_00ss.jpg


カフェ経営者がウエートレスの顔と胸に刺青強制


03/20/2013 18:27:01の監禁画廊ニュース(ノンフィクション)の再掲載


雇用主がカフェのウエートレスに顔と胸に刺青強制


 ホーチミン市に程近いリゾート都市のブンタウ市で凶悪事件が発生した。
ブンタウ市の警察当局の発表によると、昨年11月下旬頃、被害者のカフェ店員Ngocさん(女,20)はカフェ経営者で雇用主のAnh(女,33)に無理やり髪の毛を剃られ、顔と両乳房にムカデの刺青を入れられたという。容疑者のAnhは夫(35)と被害者のNgocさんの不倫を疑い、嫉妬に駆られ凶行に及んだもよう。

937_forced_tattoo_6.jpg
(刺青除去手術後の痛々しい写真。頭は剃り上げられ、左胸に除去手術前のムカデの刺青が残る。)

937_forced_tattoo_5.jpg

937_forced_tattoo_01.jpg
(左胸の刺青の除去手術も終わり、心と身体の傷が癒えるのを待つ被害者。)


 被害者のNgocさんによると、2008年4月に容疑者のAnhの経営する携帯ショップでショップ店員として採用されたが、その後Anhがカフェをオープンしたときにカフェにウエートレスとして移籍することを強要された。2012年11月26日、Ngocさんがカフェで働いていると、突然Anhがやって来て、「この泥棒猫がっ!!」と怒鳴りながらNgocの髪の毛をつかみ、執拗に暴行を加えたという。Anhは何故自分の夫とNgocさんが肉体関係を持ったのか問い質した。Ngocさん不倫を否定したが、Anhは「嘘をつくと塩酸で顔を焼くぞ!!」と脅したという。
 翌11月27日、AnhはNgocさんを監禁し、髪の毛やその他の体毛を剃り上げるなどのNgocさんへの侮辱的行為を続けた。
 11月28日、Anhの共犯者のカフェウエートレスのHuongはNgocさんに「Anhさんはお前に不倫の罰を選ばせてやると仰ってるよ。塩酸で顔を焼くか、グロテスクなムカデの刺青を顔と両胸の3箇所に彫るかどっちかだそうよ。どっちにするかお前が決めなよ。」と言った。NgocさんはHuongから刺青が完成すればAnhがNgocを実家に返してもいいと言っていると知らされて、このままでは殺されかねないという思いから刺青を入れることを承諾した。
 同日夜、Ngocさんは実家に帰宅して母に全てを話し、母が警察に通報し事件が発覚した。

 ■逮捕され連行される容疑者AnhとHuong
937_forced_tattoo_3.jpg

937_forced_tattoo_7.jpg
(手術後の写真?)

937_forced_tattoo_8.jpg
(退院後の写真)

2013/3/20 (監禁画廊通信)

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

タイ人女性の人身売買および強制売春の国際的ネットワークの撲滅へ

FBI、 タイ人女性の人身売買と強制売春の国際的ネットワークの撲滅を主導

ミネアポリス市警は12人のタイ人と5人のアメリカ人を逮捕した。
逮捕された容疑者は、国際人身売買組織及び地場の売春斡旋業者の幹部らで、タイで若い女性にアメリカでの仕事とよりよい生活を保証すると偽り、不正にビザを取得させた上で、現代の性奴隷として合衆国へ送り込んでいた。

今回摘発された組織は、国際間なネットワークを持った大規模な国際的組織犯罪という特徴をもつ。その人身売買組織は、ロス、シカゴ、アトランタ、ラスベガス、ミネアポリスといったアメリカ国内の主要都市に拠点を持ち、各拠点でタイ人女性を売春宿へ性奴隷として斡旋していた。

646_forced_prostitution_01.jpg
お金を貯めて故郷の村で美容室を始めるのが夢だと語ったタイ人の売春婦は毎日10人以上の客を取っていた。

タイ人女性は人身売買組織が立て替えた渡航費などを返すために、性奴隷して働くことを強要さていた。また、あるタイ女性は渡航費用を返済した後も、売春宿のオーナーから強要された豊胸手術の費用を返すために売春を続けていた。警察当局は、タイ人女性を借金で縛り、搾取する構造が存在すると見て捜査を進めている。

646_forced_prostitution_02.jpg
歯列矯正を受けているタイ人女性は、美しさと引き換えに売春を繰り返すことになる。

タイ人女性が合衆国に到着すると、売春宿に軟禁し、毎日休みなく長時間に渡って客を取ることを強要されていた。
FBIの犯罪捜査部では、人身売買のネットワークを断ち切るために市内のホテル等へのタイ人女性出入りに注意するように関係各所へ呼びかけている。

人身売買組織は、アメリカンドリームを約束して若いタイ人女性を集めているが、実際は彼女らを食い物にし、悪夢のような状況の中で生きていくことを強いている。一言で言えば現代の性奴隷だ。

タイ王国政府は、近年人身売買を厳罰に処する方針を表明しており、国際的人身売買のネットワーク撲滅に向けた国際的な協力が期待される。

646_forced_prostitution_03.jpg
休憩中のタイ人売春婦は、仕事中にパンツ穿いてる暇なんてないよと言って笑った。

646_forced_prostitution_04.jpg
セクシーポーズでアピールするタイ人売春婦。客がつかなければ借金は増える一方なのだ。

【監禁画廊ニュース 2016年10月16日】

メキシコシティで2年以上奴隷として虐待されていた女性を保護



メキシコシティのドライクリーニング店で2年以上も首と作業台を鎖で繋がれ、1日12時間以上休みなく働かされていた女性が警察により保護された。22歳のその被害者は、店主一家と他の従業員に酷く虐待され、アイロンで体を焼かれたこともあったという。食事には1日1回しか与えられず、ポリエチレンを食べて飢えを凌いこともあった。

645_監禁画廊news_01
被害者の女性の首から背中に残る角材、鉄棒、アイロンによる惨たらしい虐待の痕!


スンドゥリと名乗るその被害者(本名は不明)は15歳で家出して、住込みで家族経営のドライクリーニング店で働き始めた。服のアイロンがけが彼女の主な仕事だった。2年ほど働き、知り合った男と同棲するため一旦は仕事を辞めたのだが、2年数か月で男と別れたスンドゥリはまたそのドライクリーニング店で働き始めた。

労働条件は以前と比べて格段に悪くなっていたが、スンドゥリはそこで働く以外に仕事を見つけることはできなかった。1日の仕事量も増え、長時間労働が常態化していた。過労による居眠りで、彼女はアイロンをかけることになっていた衣類を焦がすことが何度があった。破損した衣類の弁償金は給料から差し引かれ、その金額は顧客へ支払う弁償金より多額だったが、彼女は従うほかなかった。最終的には借金がふくらみ、店主は彼女への給料の支払いを止めてしまった。スンドゥリは、一度逃亡を試みるも連れ戻されてしまった。

それから、店主一家による彼女への常軌を逸した虐待が始まった。鎖につながれ、長時間の立ち作業を強いられた。休憩なしで衣類にアイロンをかけ続け、食事は1日1食に減らされ、それさえ与えられない日もあったという。スンドゥリはやむにやまれず、衣服にかけてあったポリエチレンを食べて飢えを凌いでいた。

645_監禁画廊news_02
腕に残る虐待の痕。スンドゥリが居眠りや休憩を取ろうとする度に店主は虐待を繰り返した。

全く一睡もさせてもらえず、24時間連続で働かされることもあった。
警察に保護されたとき、彼女は過労と栄養失調で危険な状態にあり、病院で入院治療を受けることになった。

645_監禁画廊news_03
痩せ細った背中一面にも打撲の痕が。店主は角材、鉄棒など手近にあるもので被害者を打ち据えていた。


首の鎖がいつもより緩いことに気がついた彼女は、勇気を振り絞って逃亡を実行した。無事に逃げおおせた彼女は警察に保護され、再び自由を勝ち取ることできたのだ。

スンドゥリは言う。
自分は拷問されました。体中痣のないところはありません。加害者には罪を償って欲しいです。私の涙、私の痛み、私の打撲、私を苦しめた全てのことを償って欲しいです。
私の人生の計画は生きることです。そしてパン職人になるのが夢です。生きていたい。生きて失った時間を取り戻したい。本名を言いたくありません。どうかスンドゥリと呼んでください。それは私の友人の日本人の名前です。確かにそういう名前でした。美しい少女という意味と聞いています。

この事件は単なる労働搾取ではないことは明らかで、加害者のクリーニング店一家と従業員には最高懲役70年が求刑されている。

【監禁画廊NEWS 2016年10月16日】

ドイツ、売春婦との性交時にコンドームの使用を義務付ける法律を可決


ドイツ、売春婦との性交時にコンドームの使用を義務付ける法律を可決

2016年9月23日、ドイツ連邦上院議会で、全ての風俗産業において、コンドームを使用しない性交渉を全面的に禁止する法案が可決された。本法案はヨアヒム・ガウク大統領の承認後に成立し、来年6月より施行予定である。

473_Prostitution_01.jpg
2年前にモルドバから出稼ぎにきたという街娼。毎日5~10人以上の客を取るが、
毎日の稼ぎは借金返済に充てられ、本人が手にするのは生活費の20ユーロのみ。
病気になっても何の保障もない不安定な暮らしだ。


473_Prostitution_003.jpg
「飾り窓」の娼婦たち。その華やかさと実際の生活の落差は大きい。
街娼と変わりのない搾取の構造に縛られている。


ドイツでは2002年に売春が合法化されて以降、人身売買、奴隷的使役や売春婦への烙印などが社会問題となっている。この法案では、売春宿の営業許可の更新にコンドームの使用の他、売春婦の所轄警察へ届出、健康診断の実施などその他の関連法令の順守が「必須事項」とされており、売春婦の地位改善が期待される。

473_Prostitution_002.jpg
乳がん検診を受ける売春婦たち。現状ではカタチだけの健康診断がまかり通っている。

当法案の罰則の適用範囲は、売春婦、その他の性産業従事者、ポン引き。買春側の顧客および売春宿オーナーである、千ユーロ~5万ユーロの罰則が定められいる。売春宿のオーナーにとっては罰金だけでなく、違反により売春宿の営業許可が取り消される可能性もあり、売春宿経営組合では顧客へコンドーム使用の義務付けを知らせるためのキャンペーンを予定している。

473_Prostitution_004.jpg
心を病み、体を病み、何処へか消えていく娼婦たち。風俗業界の闇は深い。

この法律改正で人身売買や奴隷的使役の実態がどう改善していくのか、結果が出るにはまだ時を要するだろう。

【監禁画廊ニュース 2016年10月08日】

(ノンフィクションとフィクションが混じった困った記事です。お叱りをうけそうな・・・。
基本的に記事本文はノンフィク、画像のコメントはフィクションです。)