FC2ブログ
監禁画廊お薦め
電子コミック

人妻牝奴隷 絶体隷奴 718_社長令嬢・被虐のバカンス_00ss 704_柘榴3_00ss SLAVE GIRLS 501_生贄の母_0000ss デキる女上司 487_ゆりかご売りの妻_00s 奴隷夫人アーカイブ 406_人妻尻奴隷・初美 肛虐露出商店街 前編_00ss 飼い主様になってよネッ! 壊して下さい 性奴隷窟淫龍 秘密の基地でXXX


♥♥♥ 薦め電子コミック ♥♥♥
小川家の母娘 824_聖マルガレタ学園総天然色VOL22_00ss 816_聖マルガレタ学園総天然色VOL23P-PLUS入園案内付き_00ss NON VIRGIN 性処理家族 義母と姉は肉奴隷
♥♥♥ お薦めマニアAV ♥♥♥
932_家畜奴隷鉄枷拘束ss Anal Device Bondage II 鉄拘束アナル拷問 黒木いくみ SOUL DESTROYER 炎上昇天装置 碧しの アイアンクリムゾンベスト Anal Device Bondage 鉄拘束アナル拷問 みづなれい Anal Device Bondage いいなりドM調教 玩具にされた美尻女子校生 早川沙梨
SM ランキング - FC2ブログランキング 中枢刺激ランキング SM・縛り - 動画・画像 - アダルトブログランキング
■ BDSM Antena Site
SMサイトあんてな SM総合情報サイト SMFOCUS kankingaro_200X40.jpg
■ お勧め🎵海外BDSMサイト
865_hotbranding_00ss.jpg 864_Paired_00ss.jpg


七瀬再び

ドアが開き、ママと中年の男が部屋に入ってきた。
ママは真っ赤なレザーパンツに花柄の刺繍の入った黒のタンクトップ、そして黒のハイヒールを着こなしていた。男の方はいうと、仕立てのよいブリティッシュ調のグレーのダブルスーツを着てはいるが、がっしりとした体格と浅黒く日焼けした顔、そして鋭い目つきからは堅気の人間ではないことが容易に窺えた。
七海はソファーからさっと立ち上がって、ママとその男に深々とお辞儀をしてから言った。
「鳥飼の妻の七海です。昨年秋のSMサークルのイベントでは大変お世話になりました。」
七海のわき腹と腰には、そのイベントでママから一本鞭で打たれたときの痕が癒えることなく残っていた。
「そうそう、七海ちゃんね。よく覚えているわ。ホント、いい声で泣いてたっけ。」
ママは、七海の華奢な身体を舐めるように見ながらそう言うと、突然思い出したように話を続けた。
「鳥飼さんは本当に残念だったわね。本当にご愁傷様。あんなに元気だったのに癌だなんてね。前の奥さんと離婚して、せっかく若くて綺麗なマゾ奴隷を妻にもらって、これからっていうときだったのにね。私のような者が葬儀に参列することははばかられたけど、盛大な葬儀だったそうじゃない。さすがの人望よね。でも、あなたも気を強くもって元気をだしてね。」
「はい、ありがとうございます。」
「腰を下ろしてお茶をどうそ。そう、ところで、今日あなたがここへ来た理由だけど、ここでM嬢として働きたいと言いことでよいかしら?」
「はい、もし私で、ご迷惑でなければ、お願いできればと思います。」
「でもね、ちょっと合点がいかないのだけど、鳥飼さんはかなりの遺産があったんじゃないの?それに働くしても、若くてそんなに綺麗なんだし、それに履歴書見たんだけど、立派な学歴とキャリアがあるから、何もこんな店でM嬢をやらなくてもよいんじゃないの。」
「遺産のは・・・鳥飼とは入籍前だったんです。奥様との離婚調停が進まなくて・・・・生前贈与でそれなりのお金はもらいましたけど・・・・鳥飼と買ったマンションのローンも払わないといけないので。」
「そう、大変なのね。でも普通の仕事はどうなの。普通に就職して、そして普通に恋愛して、普通に結婚して、女の幸せってやっぱり家庭じゃないかしら。」
「私は鳥飼に出会って、鳥飼にマゾ奴隷に調教されました。ママも知っての通り、一生鳥飼の奴隷になる誓いの証として恥ずかしい刺青も入れました。もう、普通の女の幸せなんて、そんなのも、そんなもの、奴隷に堕ちた私には求めようがありません。」
「そうだったわ。たしか、マンコの上に『変態奴隷』って彫ってあるのよね?ちょっと見せてもらえる?」
「えっ?今ですか?」
七海は、ママの隣に座って黙って話を聞いている中年男をちらっと見て言った。
「初対面だったかしら?紹介するわね。こちらは浜松や名古屋で商業ビルやマンションのデベロッパーをされている舘石さん。うちの昔からのとても大切なお客様。」
「七海です。よろしくお願い致します。」
七海は舘石に改めて挨拶をした。
「舘石さんはね。七海ちゃんの調教ビデオを見て、是非七海ちゃんに会いたいというので同席してもらったの。」
七海は何と言っていいのかわからずに黙っていると、ママが先ほどの話を続けた。
「紹介も終わったし、それじゃ彫り物見せてくれるわね。」
.「ええっ、でも・・・・」
「七海ちゃん、いえ、七海、はっきり言うよ。よくお聞き。うちはね、こう見えても、この五反田で20年以上も営業を続けている老舗なんだ。どうして20年も営業を続けられてきたか分かるかい?ご客様に満足していただけるようにM嬢をしっかり躾けてきたからだ。M嬢になろうっていう奴が、恥ずかしがっていてどうする。マンコも見せられないどこぞのお嬢様なら、とっととお帰り!!!」
「ごめんなさい、ママ。七海は勘違いしてました。申し訳ありません。恥ずかしい刺青をお見せします。いえ、七海の恥ずかしい刺青をどうか見て哂ってください。」
そう言って七海はソファーから立ち上がると、スカートの中に両手を入れてパンツを下げると、躊躇うことなくいっきにスカートをまくり上げて二人の前でマンコをさらけ出した。

848_tattooed.jpg

七海の下腹部には本来あるべき陰毛が全くなく、童女のような割れ目が顔を覗かせていた。
更に驚くことには、その割れ目の上、丁度パンツで隠れる辺りに彫られた『変態奴隷』の文字が、七海が何者であるかをさらけ出していた。
「きゃはははは、哂えるね。変態奴隷って、そのままじゃない。鳥飼さんも工夫がないね。」
「七海、スカートを下ろすんじゃない。そのまま、目を開けてこっちを見な。」
「おい、お前はパイパンなのか?」
突然、男が口を開いた。
七海は、しゃがれてどすの利いた男の声にどぎまぎしながら答えた。
「いえ、あの、永久脱毛してます。2、3年は生えないと思います。」
男が何かママに二言三言囁いた後でママが言った。
「七海、うちではお前のような変態奴隷は雇えないが、舘石さんが家畜奴隷として飼ってもよいと仰って下さってるんだよ。舘石さんは真のサディストだけど、お前のような変態奴隷ならなんとか勤まるだろう?それじゃ、調教ルームに場所を移すよ。まずはお互いよく知合わないとね。」
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://kankinblog.blog.fc2.com/tb.php/851-6c0a3abf